こんにちは。今日は「トイレの水漏れや詰まりトラブルを症状で判定する方法」について解説をしていきたいと思います。トイレという場所は毎日使用します。

よって突然に詰まりや水漏れというトラブルが発生してしまう場合があります。何で水漏れが引き起こされたのか?詰まりが引き起こされたのか?状態や症状で原因や解決方法が分かり、実践することで解決することが可能なこともあります。

症状や原因、解決方法に関して少しでも参考になれば幸いです。

トイレの詰まり・水漏れの状態・症状について

トイレトラブル

毎日使用しているトイレに詰まりのトラブルや水漏れのトラブルが引き起こされている場合、どのような状態・症状が見受けられるのでしょうか?状態をきちんと把握することで、何が原因となってしまっているのか特定するための方法として参考にしてみてください。

・トイレの詰まりの症状として

トイレの詰まりトラブルが引き起こされている場合は、便器に水が流れてこないという症状が多いのが現状です。排水口や排水管の中で詰まってしまっているので、水が流れてこないのです。

他の場合ですと、水圧が弱くて汚物が流れてくれないというケースも確認されています。水圧が弱いというのは、トイレタンクと便器に問題がある可能性が大きいのです。点検をして原因を特定してみましょう!

そして、トイレの詰まりの症状としては、排水口から「コポッ!コポッ!」という耳に障る音がするケースもあるのです。この音はトイレ詰まりの証拠と言っても過言ではない症状になりますので、早急に対処することが何よりも大切です。

トイレの詰まりが引き起こされている状態で水を流したとします。そうすると水が逆流してきてしまいます。その後に放置をしていると水が溢れてきてしまうのです。

よってトイレに悪臭が漂ってしまいますので、注意してください。

・トイレの水漏れの症状として

トイレで水漏れトラブルが引き起こされている場合は、便器の経年劣化によるひび割れや便器と床の接続部分からの水漏れ等が多いです。

原因によってトラブルが生じる箇所も違ってきます。

そして、きちんとした水漏れトラブルの箇所が分からなくても、床が濡れてしまっている場合は、水漏れトラブルが発生している可能性が大きいのです。原因を特定するために点検をしてみてください。

トイレの詰まりや水漏れの原因について

トイレの詰まりのトラブルや水漏れのトラブルが引き起こされる原因は何個かあります。ではトラブルの原因について解説をしていきます。

・トイレの詰まりの原因として

トイレというのは基本的に水に溶けてくれるものしか流れないようにできています。したがってトイレの作りからすると、排水管からの悪臭が漂ってこないように複雑に作られているのです。

ここに水に溶けない素材のものを流してしまうと、トイレの詰まりが生じてきてしまいます。

主にティッシュや流せないタイプのトイレクリーナーシート等です。よってトイレットペーパー以外は絶対に流さないようにしてください。

その他の原因として考えられるのが、トイレの排水管の内側に汚れやゴミが蓄積されていくと、トイレの詰まりトラブルが引き起こされることもあります。

このような場合は、排水管自体を新品に交換する必要があります。早急に業者へ相談や依頼をしてください。

・トイレの水漏れの原因として

トイレの水漏れトラブルの原因は、水漏れトラブルが引き起こされている箇所によって違います。接続している部分からの水漏れの場合は、ナット類やパッキン類の経年劣化や破損や消耗が原因です。

これらの部品にも寿命があります。その寿命は大体10年前後です。よって寿命が近づいてきましたら、部品の交換をすることが非常に大切になってきます。

オーバーフロー管の制御が正常になっていない時は、トイレタンクからの水漏れが発生してしまうこともあるのです。このような時は、速やかに止水栓を締めてください。

止水栓を締めて水が止まりましたら、オーバーフロー管を点検してみてください。

その他の原因として考えられるのが、トイレは基本的に陶器で作られています。よって衝撃を与えてしまうとひび割れを起こしてしまうこともあります。

このようにひび割れが起きてしまった場合は、補修テープ等で応急処置をしてください。しかしながら、あくまでも気休めですので、後々に新品に交換をしてください。

トイレの詰まり・トイレの水漏れの修理をする前の準備として

水道修理業者へ相談、依頼をする前に、ご自分でトイレの詰まりや水漏れを直すために、準備が必要になってきます。準備内容について解説をしていきます。

・トイレの詰まりや水漏れを直す事前準備

トイレの詰まりや水漏れを直す事前準備として大切になってくるのが、電源プラグと止水栓を締めてください。これは絶対に必須なことですので、把握しておいてください。

これで修理をする時に、感電・水が溢れてしまうというトラブルを回避することができます。

トイレタンクが詰まってしまい水が溢れてしまいそうな時は、トイレタンクを修理する前に、トイレタンクの水をバケツや何か適切な容器で汲み取ってから作業に取り掛かりましょう。

作業する時には、ゴム手袋等の用意もしておいてください。

トイレの詰まりや水漏れの解決方法は?

トイレでの詰まりトラブルや水漏れトラブルが引き起こされた時は、的確に尚且つ迅速に解決方法を実践することで解決に繋がります。

ではどのような解決方法があるでしょうか?解説をしますので、参考にしてみてください。

・トイレ詰まりの解決方法として

迅速に尚且つ簡単にトイレの詰まりを解決できる方法としては、ラバーカップを使用することです。ラバーカップを排水口に当てます。なるべく押し当てるようにしてください。

何度も押して、引いて、押して、引いてを繰り返します。繰り返すことで詰まっている物を奥に流し込んでやることができますので、必然的に詰まりは解決されます。

因みに50℃~60℃のお湯を便器に流し込むと、詰まっているトイレットペーパー等をふやかしてくれるので、流れてくれるという寸法です。

その他には薬品を利用して、排水管に蓄積されている尿石・汚れ等を排除するという方法もトイレの詰まりを解決するという方法があります。

・トイレの水漏れの解決方法として

トイレの水漏れトラブルが引き起こされている場合は、基本的に止水栓を締めましょう。止水栓を締めると水の流れが止まってくれます。

その後は、便器のひび割れやら配管の損傷からの水漏れが生じている箇所に、補修テープを用いて補修をしていきましょう。しっかりと貼り付けるようにしてください。

この応急処置がとても大切です。

その後は、業者へ相談、依頼をして部品の交換やトイレ自体を交換することで、水漏れを解決することができます。水道職人では、トイレの部品交換も取り扱っておりますし、トイレ本体の交換も取り扱っておりますので、お気軽にご相談・ご依頼ください。

まとめ

最後になりますがトイレの詰まりの原因として多いのが、水に溶けないティッシュやトイレクリーナー等を流してしまうことでトイレの詰まりを誘発してしまうことが多いのです。

解決方法は、ラバーカップを使用することが一番妥当です。解決すればいいのですが、解決できない場合は自分の信頼している水道修理業者へご相談、ご依頼ください。

トイレの水漏れトラブルの場合としては、水漏れトラブルが発生している箇所によって原因が異なってきます。ご自分で応急処置や点検をすることは可能です。

しかしながら、根本的な解決は部品の交換やトイレ本体の交換となります。

トイレの詰まりトラブル、トイレの水漏れトラブルは迅速な対応が非常に大切になってきますので、状態や症状で原因を特定できるようにしておきましょう。

その後、水道職人等の水道修理業者へご相談、ご依頼ください。水道職人はプロが的確に判断をして適切に処置を致しますので、ご安心ください。

お電話お待ちしております。