依頼場所

福島県いわき市東田町

依頼内容

トイレ水漏れ

作業時間

40分

作業前の状況

お客様からお電話で、トレイの水が流れ続けて止まらないとのご連絡を頂きました。

作業内容

トイレの水漏れ

お客様のご自宅は、築10年余りの2階建ての戸建て住宅でした。問題のトイレは2階にあり、到着した時点ではトイレ内の止水栓により水は止まっている状態だったのです。そこで症状を見るべく止水栓を開いてみると、お客様が電話で言っていた様に便器内の水が少量ずつですが流れ続ける状態になっていました。症状からして、トイレ水漏れの原因はタンク内にあると考えたのです。そこで再び止水栓で水を止めた上で、タンクの蓋を開いてみました。当初は経年劣化によりボールタップに不具合が生じていると考えて調べてみたのです。所がボールタップは正常に動作していたので、今度はタンクの底で栓の役割をしているゴムフロートが怪しいと考えました。そこでゴムフロートをチェックすると予想通り、経年劣化によりゴムが変形し隙間が生じる状態になっていたのです。だからこそお客様にゴムフロートを新品に交換する必要があると提案すると、了承して貰えました。なので直ぐに新品への交換作業を行ったのです。その上で止水栓を開いてお客様の前で、トイレの水を流しました。そうしてお客様と共に、便器内の水が止まるのをきちんと確認した所で、トイレ水漏れ修理作業は無事終了となったのです。